2018年合格実績

立教大学

大宮高校

淑徳与野高校

川越東高校

本庄東高校 特待生2名

本庄高校2名

本庄東中学校 1組

佐野日大中学

その他


◇日程 8/20~夏休み明けテストまでの期間

◇時間 13:00~21:00の間

3日間×2時間 6日間×2時間
 7,000円  12,000円

お申込は 048-571-4078


本気組が集う塾


塾長ブログ

中受の算数は8月が勝負 ()
中受の算数は8月が勝負だ。   なぜなら、受験までの日数が   160日あまりだからだ。   だから、効率よく勉強して最大限の成果を上げたいもんだ。     効率の良い勉強とは   ◇合否を分ける問題に &nbsp...
>> 続きを読む

解法のメンテナンスは大切です。 ()
算数、数学の試験の後、 「できると思った」 そのような経験があるだろう。 できると思うことと、 実際にできることの間には 雲泥の差がある。 確かに、学んだ瞬間は、できるようになったのだろう。 しかし、時間が経つと解法を忘れてしまうものだ。...
>> 続きを読む

腑に落ちるまで深く理解せよ ()
解法の丸暗記でも少し賢い子なら答えが出てしまう。 しかし、解法の丸暗記は、その場限りの効果だ。 忘れたらそれで終わりだ。 もし、入試本番で、解法を忘れていたらどうするのだろうか? やはり、 解法を忘れない勉強をするべきだ。 解法を忘れないよ...
>> 続きを読む

躓きは分割せよ ()
算数、数学の勉強がはかどらない原因は、   躓きがあるからだ。   理解不足の単元がが少ないうちは、自分で解決できる。   しかし、理解不足が雪だるま式に増えてしまうと   自分ではコントロールできなくなる。   ...
>> 続きを読む

早大本庄は早稲田大学への最短経路? ()
  早稲田大学現役合格者   H29現役合格 H30現役合格 合格者減少率 栄東 137人 123人 10%減 本庄東 25人 20人 20%減 熊谷高校 10人 10人 ...
>> 続きを読む

数学解き直し講座のお知らせ ()
中間テストの数学の答案用紙は 自らの弱点を端的に教えてくれている。 これを活用すれば効率的な学習ができる。 そして、期末テストでも出題される可能性が高い。 だから、いま、数学のテストの解き直しをしよう。    ...
>> 続きを読む

早大本庄は早稲田大学への最短経路 ()
早稲田大学合格者数   H29現役合格 H30現役合格 合格者減少率 浦和高校 66人 40人 40%減 大宮高校 106人 67人 37%減     大学入試の入学定員の絞り...
>> 続きを読む

早大本庄 倍率分析  ()
  2018年度    一般入試   募集人数 志願者数 合格者数 合格倍率 男子 約100人 1,487人 407人 3.65倍 女子 約70人 744人 154人 4.83倍 ...
>> 続きを読む

中間テスト 数学のポイント 上柴中 中3 ()
上柴中 中学3年生 数学     式の展開と因数分解は解けて当たり前。   そこでは差が付かない。   差が付く分野は   中2の問題だ。   【差が付く中2の問題】   ◼️平行線と面積 ...
>> 続きを読む

質問できる環境 ()
組み分けテスト、合不合判定テスト見直しが大切な事は、みんな知っている。しかし、見直しに時間がかかってしまうので、はかどらない。効率的に見直しをするなら、算数が得意な人に聞いてしまうことだ。友だちでも、親御さんでも、塾の先生でも算数の質問に答えてくれる人...
>> 続きを読む

北辰は分析が重要だ ()
  北辰テストの数学は   もちろん受験までの準備は大切だ。   しかし、   それ以上に、失点の分析が重要だ。   失点を分析すると単元ごとの習熟度がわかる。   ■一次関数の習熟度   ■確率の習...
>> 続きを読む

点対称 ()
小6の算数点対称な図形を描くことは以外と難しい。頭で考えできる問題ではなく手を動かして体得する問題だからだ。みんな最初は苦戦しているが、類題を5問やる頃にはコツを掴む。類題を10問やる頃にはきれいに描ける。見守っていれば、生徒は描けるようになる。指導者が手...
>> 続きを読む

傾向と対策 ()
中学受験の算数は   傾向と対策が必要だ。   志望校の過去問を分析して出題傾向を掴む。   出題傾向を掴んだら、   出題の確率が高い分野の対策をする。   出題されそうもない分野に時間を費やすことは  ...
>> 続きを読む

数学 実力テストの上げ方 ()
数学の実力テストの点数が上がらない原因は、実力テストを20回分以上解いていないからだ。◾20回分解いて、時間配分を身につける。◾思考系の問題に慣れる。◾取るべき問題をきちんと正解する。◾捨てるべき問題を見極める。そして、見直し、解き直し...
>> 続きを読む

思考系の見直し ()
昨日は、小学生、中学生の学力テスト(模試)を実施しました。模試は、見直し、解き直しをすることが大切です。特に見直し、解き直しをしてほしい問題は、算数、数学の思考系の問題です。テスト時に、思考が止まって解答できなかった生徒は、以下の説明を参考にしてほしい。...
>> 続きを読む

反復トレーニング ()
数学の模試を上げるには、間違えた問題を、それこそ、問題用紙が擦り切れる位解き直すことだ。繰り返すことで、解法の手順が身につく。数学の模試は、手順通り解いていけば、必ず解けるように出来ている。数学が得意な生徒は、この手順を沢山身につけている。解法の手順を...
>> 続きを読む

国語の読解 ()
この春期講習では、   小学生は国語の読解を鍛えた。   国語の読解を得意にするには   解法のルールを知らなければならない。   そして   解法のルールを身につけるにはトレーニングをしなければならない。 &n...
>> 続きを読む

暗記科目 ()
春休みは 地味なことをバカにしないで繰り返そう。   英単語、歴史の用語、理科の用語を   何度も何度も繰り返そう。   成績が上がる生徒は   一度覚えたとしても、忘れることを知っている。   だ...
>> 続きを読む

倍数、約数の文章題 ()
先日、体験授業した小学5年生   春期講習の申し込みをいただきました。   ありがとうございます。   文章題に苦手意識があると伺っていたので、   倍数、約数の文章題を指導した。   文章題を解く際に...
>> 続きを読む

成長 ()
今日の面談では、 中学まで通ってくれた元生徒が   高校で頑張っている様子を聞けた。   数学のテストで、     100点取れそうだったが、   一問ミスして100点を取り損ねた。   家に帰って解...
>> 続きを読む

吸収力 ()
小学生は吸収力が凄い。     算数の図形問題を   まるで、パズルを解くように   楽しそうにグイグイ解いている。   解けなかった問題は、   ヒントを聞き漏らさないように   集中し...
>> 続きを読む

北辰数学解き直し勉強会 ()
北辰数学解き直し勉強会北辰テストで点数が取れなかった所をなぜ間違えたのかを分析しよう。解法を忘れていたなら素直に練習し直そう解法が思いつかなかったら素直に質問しよう理解ができたら、トレーニングで、解き方を自分のものにしてしまおう。その積み重ねをすること...
>> 続きを読む

好きこそものの上手なり ()
『算数が好きになってきました。』   定期面談で保護者の方から、このような言葉を頂きました。   一日、嬉しい気分になりました。   算数が得意になる生徒は   楽しそうに問題を解いている。   簡単に...
>> 続きを読む

高校入試は通過点だ。 ()
卒塾生から、電話をもらった。   大学入試が終わったので   使った参考書を塾に寄付したいとの連絡。   このような申し出は、非常に嬉しい。   実際の大学入試で、   どの参考書が役に立ったのか ...
>> 続きを読む

思考力を鍛える文章問題 ()
小5の算数で特訓すべき単元は   公倍数・公約数の文章問題だ。   公倍数・公約数の文章問題は   思考力を鍛える良問ぞろいだからだ。   文章問題が苦手な生徒は、   文章中の数字だけに注目する。 ...
>> 続きを読む

数学は負荷をかけろ ()
3月は数学の実力を伸ばす最適な期間だ。   1年間で学んだ知識をフルに使って、   思考力を鍛える、絶好の期間だ。   怯まずに今よりレベルの高い問題に挑もう   確かにレベルを上げたら、   簡単には解...
>> 続きを読む

合格おめでとう ()
中学受験合格校◾佐野日大中◾本庄東中大学受験合格校◾立教大学
>> 続きを読む

ワークをやり切れ ()
数学の定期テスト対策は   シンプルだ。   テスト範囲の   ワークの全ての問題を   瞬時に解けるようにするだけだ。   ワークの問題を瞬時に解けるためには   妥協しないでやりきる意志が...
>> 続きを読む

空間認識能力 ()
中受の算数で、模試の点数を安定させるには、空間図形で点を落としたくない。空間図形は中学受験では定番であり、入試では合否を決する分野だ。◾立体を切断したらどんな切り口になるのか◾切り口の面積を求めなさい。◾切断した体積はどうなるのかこれら...
>> 続きを読む

私立高校合格校 ()
私立高校入試合格校   ◾川越東   ◾淑徳与野   ◾本庄東 特待 2名   など。   早大本庄の一般入試、   さらに、公立高校入試と   真剣勝負はまだまだ続く。...
>> 続きを読む

公式を覚えさせるには ()
算数の公式を完璧に覚えさせるには繰り返し、生徒に質問することが有効だ。答えに詰まったり、黙っていたらもう一度公式を確認して、覚えさせる。公式を使う問題になったら解かせる前に公式を質問する。昨日の授業では、問題を解く際に公式を何度も確認の質問をした。ダメ...
>> 続きを読む

ハッと目覚める瞬間 ()
生徒の鉛筆が止まり、   解答に行き詰づまっているとき、   生徒の様子を見ながら   ヒントを出すと、   次の瞬間に   ハッと目覚めたような表情になる。   そして、再び鉛筆が動き出す。...
>> 続きを読む

算数は歯ごたえのある問題で伸ばせ ()
算数を伸ばすには   歯ごたえのある問題を   解かせることだ。   歯ごたえのある、少し難しい問題が   思考力を鍛えるからだ。   問題をスラスラ解ける事は   必ずしも、   ...
>> 続きを読む

算数の先取り学習は必要だ。 ()
冬休みは算数の先取り学習が必要だ。3学期の算数は重要単元が目白押しだ。先取り学習をすれば、安心して学校の授業を受けられる。安心して授業を受ければ、学校の授業が良く分かる。学校の授業が良く分かれば、単元の内容を理解できる。単元の内容が良く分かれば、テスト...
>> 続きを読む

小学生の図形は ()
小学生の図形は、楽しむことが大切だ。   問題を解けた、その達成感を味わせることが大切だ。   自分の頭を使って   考え、悩み、ひらめきながら学力は伸びる。   考える楽しさや   解けた時の達成感...
>> 続きを読む

数学は解き直しが大切だ。 ()
定期テストが終わり、   テストが返却されてからが、本当の勉強だ。   特に数学のテストは、テスト後の勉強が重要だ。   テストの点数に一喜一憂するだろうが、   それで終わりにしては、実力アップつながらない。...
>> 続きを読む

受験で数学を得点源にするために ()
受験の合否を決めるのは算数、数学だ。なぜなら、得点の差がつく科目だからだ。得点の差がつく算数、数学を得点源にするために算数、数学の受験勉強を早くスタートするのが重要だ。スタートが早ければ早いほど算数、数学の準備期間が長く取れる。ということは、基礎、応用...
>> 続きを読む

算数が得意な生徒は ()
算数が得意な生徒は間違えを恥ずかいと考えない。知らないことを恥ずかしと考えない。間違えた問題から解法のエッセンスを学び取る。間違え直しをしながら、解法の定跡を学び取る。逆に、算数が伸び悩む生徒は間違えを恥ずかしいと考える。そして、誤答を消しゴムで消した...
>> 続きを読む

算数は土台だ ()
小6の問い合わせ、入塾が続いております。   ありがとうございます。   算数は、数学の土台となる教科だ。   だから、余裕がある小6のうちに、算数を鍛えたい。   そのような保護者の方が増えている。   ...
>> 続きを読む

数学を伸ばすためには ()
数学を伸ばすためには   解けるまで妥協してはダメだ。   たとえ、初見で解けなくても   解けるまで頭と手を使って   できるまで、反復トレーニングが必要だ。   反復することで、知識として吸収してし...
>> 続きを読む

偏差値を上げる指導方法 ()
夏期講習で、   数学を指導した生徒。   指導前は偏差値57だったが   指導後の9月の   北辰テスト第4回 では   数学偏差値62まで、上昇した。   さらに   10月の北辰テス...
>> 続きを読む

要領よりも愚直さが大切だ。 ()
先日、ある生徒から   中間テスト、数学の報告を受けた。   中2 数学 92点   この生徒は   小学生から通っている。   お世辞にも、要領がいい生徒とは言えない。   が、しかし、 &nbsp...
>> 続きを読む

小6の比例は重要だ。 ()
小6で学ぶ比例、反比例は重要な単元だ。小学生のうちに鍛えておきたい単元だ。比例、反比例の問題は、鍛えれば誰でもできる単元だ。しかし、鍛えなければ、北辰で差がつく単元だ。北辰数学の偏差値を上げるために比例、反比例は、重要な単元だ。
>> 続きを読む

算数を得意にせよ ()
算数が得意な生徒は   総じて数学も得意だ。   そして、   数学が得意な生徒の多くは   学年順位で上位層に入る。   なぜ、数学が得意だと、     学年順位で上位層に入れるのか? ...
>> 続きを読む

算数の負荷をかけろ ()
負荷をかけないトレーニングは力がつかない。算数も同じだ。教科書レベルの問題で満足していたら、実力がつかない。解けそうで、なかなか解けないそういう問題が、脳に負荷をかけるのだ。だから、算数の思考力が鍛えられるのだ。そして粘り強さも鍛えられるのだ。思考力と...
>> 続きを読む

小6は図形を鍛えろ ()
小6は、図形の思考力を鍛えろ。   なぜなら、小6の拡大図、縮図以降は、図形を勉強する機会がない。   次に図形を学ぶのは、中1の平面図形なのだ。   つまり、今後1年間、図形を勉強しないのだ。   当たり前だが、...
>> 続きを読む

北辰数学 ()
第5回の北辰テストまで、あとわずかだ。   次の北辰数学で   差がつく単元は以下の通りだ。   ◼一次関数と図形の融合問題   ◼確率・組み合わせ   ◼整数の説明、証明問題   ...
>> 続きを読む

北辰数学が得意な子は ()
北辰テストの数学が得意な生徒は、   とにかく復習が好きだ。   呆れるくらい解き直しをする。   1秒でも速く解けるようにトレーニングを繰り返す。   つまらないミスをしないぞと、強い意識で解き直しをする。 &...
>> 続きを読む

算数は土台だ。 ()
小学校の算数は中学数学、高校数学の土台となるものだ。基礎工事の土台と同じものだ。基礎が軟弱では立派な建物も、傾くこれは常識だ。算数と数学の関係も全く同じだ。土台となる算数を手を抜いておいて、どうして、建物部分にあたる数学ができるようになるのだろうか?中...
>> 続きを読む

小6の文章題 ()
小6の秋は文章問題を攻略せよ比の利用は文章問題を鍛える格好の単元だ。◼線分図を描くトレーニング◼柔軟に思考するトレーニングこれが同時に鍛えられ単元だ。そして、柔軟に思考するを具合的に言えば比と割合の関係性を深く理解すべきだ。そして、比は分数に...
>> 続きを読む

高校入試は数学が全て ()
熊谷、熊女などトップ校の過去問をみれば、どの科目を得意にすべきか、良くわかるはずだ。学校選択問題は数学ができる生徒が圧倒的に有利な試験だ。数学で差をつけたものが、合格を掴み取る。合格を掴み取るに数学で点を取れるようになれ。解き方がわからないのなら、まず...
>> 続きを読む

中受の5年生 ()
中学受験を決意した5年生は2学期が重要な時期になる。速さ、平面図形など、受験算数の土台となる分野が目白押しだ。さらに、難易度も上がるので、一層、大切な時期になる。難しい問題に、正面から向き合おう。そこで、手を抜いては実力がつかない。受験の土台作りに必要な...
>> 続きを読む

中1の数学は ()
中1の数学は、   ここから上位と   それ以下で大きく差がつく。   数学は、上位、中位、下位と分かれない。   上位とそれ以下なのだ。   社会等の暗記科目なら、   綺麗に上位、中位、下...
>> 続きを読む

小5の算数は2学期が山場だ。 ()
小5の算数は   2学期が大きな山場だ。   なぜなら   ◼倍数・約数の文章問題   そして   ◼割合の文章問題と   文章問題が目白押しだからだ。   さらに、難易度が...
>> 続きを読む

算数の文章問題 ()
算数の文章問題を解くためには、   確かに、読解力も必要だ。   だから   『本を沢山読んで、読解力を付けよう』   という考えもわかる。   が、しかし   読書が好きな小学生でも &nbs...
>> 続きを読む

中受の算数は頭を働かせろ ()
中受の算数は、   頭を働かせて、   理解することが大切だ。   例題の丸暗記では   実力がつかない。   理解していない丸暗記は   文字を暗記しているだけだ。   それは、算...
>> 続きを読む

算数貯金を貯めておけ ()
小学生の時の算数のがんばりは   そのまま算数貯金になる。   たとえ中学受験をしなくても   中受レベルの問題を解いている子は   頭の中に算数貯金が貯まっていく。   算数貯金の残高が高い生徒と ...
>> 続きを読む

スタートダッシュで差をつけろ ()
算数、数学は、   スタートダッシュで差を付けろ   新しい知識、技能を吸収するには、   理解する時間が必要だ。   トレーニングをする時間が必要だ。   だから、   スタートダッシュが有...
>> 続きを読む

数学は、できる人に聞いた方が早い ()
『数学は、できる人に聞いた方が早い。』面談での高校生の保護者の言葉だ。確かに、悩みながら、数学は問題を解くことにも、意義はある。それは、難問の入試問題に挑戦している時だ。しかし、それ以外の数学の問題で、悩みながら解くことは、効率が悪すぎる。早く、数学が...
>> 続きを読む

中受の算数は納得感が重要だ。 ()
中受の算数を伸ばすコツは納得感だ。問題が、理解できたという納得感だ。納得感がないのに、類題を解いたところで、納得感は得られない。当たり前だ。そんなことを続ければ算数が苦手になる。当たり前だ。子どもがどこまで理解できているのかを推し量れない指導者はプロと...
>> 続きを読む