小学生 非受験

小学生 非受験 · 29日 6月 2021
最近、教育相談で どうしたら算数の文章問題が解けるようになりますか という相談を続けて受けました。 この問題に悩んでいるお母様方もいると思いますので 傾向と対策をシェアします。 【傾向】 文章の内容を読んでいるようで、読んでいません。 理解していないと言ったほうが正確かもしれません。...

小学生 非受験 · 03日 4月 2021
小3 かけ算のきまりの単元は 意外と重要です。 ■かけられる数が1増えると答えはかけられる数だけ大きくなる。 例)6×3=6×2+6 ■かけられる数を分けて計算しても答えは同じになる 例)7×6=3×6+4×6 これらの公理(事実)は小4以降の「計算のきまり」の土台になるからです。 「計算のきまり」が使いこなせる生徒は 計算ミスが少ないです。...
小学生 非受験 · 11日 1月 2021
小学生のお子さんに算数を教えるときの注意点 ■お子さんが同じミスをしてもイライラしないこと。 →口に出さなくても、そのイライラ、お子さんに伝わっていますよ。 それでは、お子さんが算数嫌いになってしまいますよ。 ■お子さんと自己を同一視しないこと...
小学生 非受験 · 07日 12月 2020
ありがたいことに 小学生の入塾が続いております。 算数の力を伸ばせるだけ伸ばします! ■入塾の際に良く言っていただく言葉 「勉強する環境がいい」 「集中している生徒さんが多くてビックリです。」 「体験授業の際、周りの生徒に刺激を受けたようです。」 「シーンとしていて、始めは緊張したけれど、問題に一生懸命取り組めたと子どもが言っていました。」...
小学生 非受験 · 01日 12月 2020
中学受験をしないが 学習意欲がある小学生には 中学受験の問題にもチャレンジさせています。 □ある小学生の例 小学生の意欲はすごいですね。 初見の中学受験の図形問題を 楽しそうにグイグイと解いています。 間違えても意気揚々と再チャレンジしています。 もちろん、それでも解けないがあります。 解けない問題はヒントをもらいに来て...
小学生 非受験 · 01日 9月 2020
小学生のうちに身に付けたい能力 それは、難しい問題、すぐには答えが思いつかない問題に対して あきらめない姿勢です。 中学、高校と学年が上がるにつれて、数学は難しくなっていきます。 小学校の時と違い、見た瞬間に解ける問題は少なくなっていきます。 見た瞬間に解法が思いつく問題にしか、取り組んでこなかった生徒は...
小学生 非受験 · 13日 7月 2020
小学生の算数のレベルは たとえ中学受験をしなくても 中受レベルまで身につけておくことが大切です。 なぜなら、昨今の高校入試を見てみると、 中学受験の影響を受けた問題が増えているからです。 小学生のうちに、 中受レベルの問題を経験しておけば、高校入試で断然有利になります。 確かに、どんな初見の問題でも対処できる生徒なら、...
小学生 非受験 · 02日 6月 2020
小学校の算数は 中学数学、高校数学で飛躍するための土台となるものです。 建物でいえば、基礎工事の土台と同じものです。 基礎が軟弱な状態ではその上に立派な建物を築こうとしても傾いてしまいますよね。 算数と数学の関係も全く同じことが言えます。 中学、高校での数学の土台となる、算数に手を抜いてしまったら、 中学、高校の数学で飛躍できません。...
小学生 非受験 · 18日 12月 2019
問題を解いている生徒の鉛筆が止まり、 解答に行き詰づまっているとき、 生徒の様子を見ながら 少しだけヒントを出す。 すると、 次の瞬間に ハッと目覚めたような表情になる。 そして、再び鉛筆が動き出す。 数学や算数は、ハッと目覚めた瞬間に 学力はぐーんと伸びる。 特に小学生は、 ハッと目覚めた体験が 算数の意欲につながります。 そして...
小学生 非受験 · 27日 9月 2019
速さの単元は 小5で学んだ「単位量あたりの大きさ」の単元とつながっています。 「単位量あたり」の単元を見直すきっかけにしたいですね。 また、 単位量の単元と比較しながら学習するとより効果的です。 さらに、速さの単元は 中1の数学、特に方程式の文章問題を解くための土台になります。 速さの文章問題を通して磨いて欲しい能力があります。 それは...