小学生 非受験

小学生のうちに身に付けたい能力 それは、難しい問題、すぐには答えが思いつかない問題に対して あきらめない姿勢です。 中学、高校と学年が上がるにつれて、数学は難しくなっていきます。 小学校の時と違い、見た瞬間に解ける問題は少なくなっていきます。 見た瞬間に解法が思いつく問題にしか、取り組んでこなかった生徒は...
小学生の算数のレベルは たとえ中学受験をしなくても 中受レベルまで身につけておくことが大切です。 なぜなら、昨今の高校入試を見てみると、 中学受験の影響を受けた問題が増えているからです。 小学生のうちに、 中受レベルの問題を経験しておけば、高校入試で断然有利になります。 確かに、どんな初見の問題でも対処できる生徒なら、...
小学校の算数は 中学数学、高校数学で飛躍するための土台となるものです。 建物でいえば、基礎工事の土台と同じものです。 基礎が軟弱な状態ではその上に立派な建物を築こうとしても傾いてしまいますよね。 算数と数学の関係も全く同じことが言えます。 中学、高校での数学の土台となる、算数に手を抜いてしまったら、 中学、高校の数学で飛躍できません。...
問題を解いている生徒の鉛筆が止まり、 解答に行き詰づまっているとき、 生徒の様子を見ながら 少しだけヒントを出す。 すると、 次の瞬間に ハッと目覚めたような表情になる。 そして、再び鉛筆が動き出す。 数学や算数は、ハッと目覚めた瞬間に 学力はぐーんと伸びる。 特に小学生は、 ハッと目覚めた体験が 算数の意欲につながります。 そして...
速さの単元は 小5で学んだ「単位量あたりの大きさ」の単元とつながっています。 「単位量あたり」の単元を見直すきっかけにしたいですね。 また、 単位量の単元と比較しながら学習するとより効果的です。 さらに、速さの単元は 中1の数学、特に方程式の文章問題を解くための土台になります。 速さの文章問題を通して磨いて欲しい能力があります。 それは...