図形を得意にする方法

図形を得意にするために

 

手を動かす習慣を身につけよう。

手を動かすことで、

隠れたヒントを見つけることができる。

手を動かすことで、

解法の道筋が見えてくる。


【図形を解くための鉄則】

□角度や長さを必ず書き込む。

書き込むことで、


ヒントにつながる二等辺三角形や、正三角形が視覚化される。


□平行線、合同、相似な図形にしるしをつける。

書き込むことで、面積を移動できたり、


合同な三角形を利用できたり、ヒントが広がる。

図形問題を解く際には

手を動かすことを習慣化しよう。

そして

徐々に問題のレベルを上げていこう。

図形問題は

簡単すぎてもつまらない。

難しすぎても手に負えない。

だから

解けそうで、解けない問題をチョイスして

トレーニングすることが大切。

図形の実力は

一段一段、階段を上るように付いていく。

経験値を積み上げていくことで

解ける問題が増えていく。