初見の問題に対処する能力

算数、数学 初見の問題を解けるようにするコツ

 

授業を聞いても、初見の問題を解けるようにならない。

 

必要な能力は

 

頭の中に「解答までの道筋」を 描く能力だ。

 

では、どのように、この能力を伸ばすことができるのか?

 

まずは、

 

初見で解けなかった原因を分析することだ。

 

そして、分析の結果

 

◇解法の定石を覚えていないのなら、

解法の定石を理解して覚える。

定石は武器になる。

思考と時間の節約にもなる。

 

◇発想力の不足なら、

問題文のどこからその発想が出てくるのかをさらに深く分析する。

原因を突き止めれば、その後の対策が立てられる。

 

 

数学の問題を読んで

「解答までの道筋」が思い浮かぶ状態を作る。

 

それが

初見の問題が解けるようになるコツだ。