最近の定期テストの傾向

最近の定期テスの傾向は、

 

思考力、活用力を重視した問題が増加している。

 

高校入試を意識した出題であり、歓迎すべきことです。

 

 

 

つい2、3年前ならば、

 

学校のワークを完璧にすれば、100点が取れていました。

 

ある意味、言われたことをきちんとやる「真面目な生徒」にとっては高得点が取れる仕組みだった。

 

しかし、ここ最近、

 

ワークには掲載されれていない思考力を測る問題が散見される。

 

つまり、ワークで練習した問題を解けるだけではダメで、

 

初見の問題に対応する能力も試されていると言えます。

 

これも思考力、活用力が問われる、時代の流れかと思う。

 

『ワークを真面目にやれば大丈夫』

 

そのような悠長な時代は終わりました。

 

ワークの問題は出来て当たり前です。

 

そこで満足していては上位を維持できません。

 

思考力、活用力を磨くトレーニングが

 

必須の時代になりました。