過去問はメッセージ

過去問は、志望校からのメッセージです。


どのレベルまで到達すれば合格できるかを


教えてくれるもの重要な指標となるものです。


だから、


できなかった問題はとことん分析をしよう。


分析することから、本当の意味での受験勉強が始まります。


分析するから、自分に足らないものが分かります。


自分に足らないものが分かるから


対策が立てられます。


過去問の出来が悪かったからと言って


恥ずかしがる必要はありません。


足らない部分が分かったのだから、


対策を立てて、補うだけです。


思うように点数が取れないと


悔しいですよね。


イライラしますよね。


でも、


そのエネルギーを課題の克服に向けてみよう。


結局のところ、


合格するために足らないところを克服してしまえば、


合格ラインを突破します。


どうしても〇〇に行きたい!


その気持ちが逆転合格の原動力になります。