模試の解き直し

公開模試の解き直しは大切です。

そして、解き直しのタイミングも重要です。


【解き直しの優先順位の決定】

解き直しは、模試を受けて解答を手に入れた直後が有効です。

頭の中に、模試の余韻が残っているからです。

試験終了後、解き直しの優先順位を決定しよう。


【優先順位】

1位、途中までわかった問題

2位、手が出なかった(発想が思いつかなかった)問題



◼️模試の直後の復習

最優先で解き直しをすべき問題は

1位の途中までわかった問題です。

これを得点できるようにトレーニングすべきです。

これを解けるようになれば、確実に点数が上がります。

足りなかった理解、発想を補えばよいだけです。

解き直しの時間はそれほどかかりません。



2位の手が出なかった問題は、志望校によっては

解けなくても(解かなくても)よい問題もあります。

復習すべきか、判断に迷う場合には、

正答率を見てから決めてることをおすすめします。


◼️1週間から10日後の解き直し

このタイミングで解き直しを行う意味は

定着率を確認するためです。

模試直後に入念に見直し、解き直しをしたかもしれません。

しかし、定着していなければ、勉強をした意味がありません。

解けなければ、勉強したとは言えません。

ここで解けていたら、その問題は攻略したと言っていい。

もし、正答できなかったとしてもめげる必要はない。

もう一度、解答・解説を熟読すればいい。

教えてくれる人がいれば、質問すればいい。

執念深く何度でも解き直しをしてほしい。

その問題を攻略することで、成績が伸びるのですから。


◼️1ヶ月後の解き直し

時間を測って全問解いてみよう。

その際、時間は50分の模試なら40分でやってみよう。

負荷をかけたスピード練習にもなります。

ここまで、模試をやり切れば、お金と時間をかけた模試が

最大限活用されたと言えます。