解法の精度

中学受験の算数で


文章問題が解ける子と苦戦する子の違いは


解法を理解する際の精度で差が出る。


では、理解の精度とは?


解法を理解する段階で、腑におちる理解、分析が必要です。


精度の低い、解法の蓄積は以下のような例です。


「この問題、植木算だから1を足して計算を進めればいい」


このような思考をしていたら要注意です。


入試問題では、


機械的に当てはめても正解には辿り着けません。


確かに、算数の解法の暗記は必要です。


しかし、理解、分析を伴わない、精度の低い解法暗記をいくら蓄積しても


それは、使えない「解法らしきもの」を蓄積しているに過ぎません。


切れない包丁では調理はできません。


同じく、使えない解法では


初見の問題をバッサリと料理できません。


解法暗記の前に


解法の理解・分析の精度を上げることが大切です。


使える解法を蓄積したいものですね。