算数のレベル上げは大切です。

小学生の算数のレベルは

たとえ中学受験をしなくても

中受レベルまで身につけておくことが大切です。

なぜなら、昨今の高校入試を見てみると、

中学受験の影響を受けた問題が増えているからです。

小学生のうちに、

中受レベルの問題を経験しておけば、高校入試で断然有利になります。

確かに、どんな初見の問題でも対処できる生徒なら、

中受レベルの問題の準備は必要がないのかもしれません。

しかし、大半の生徒は、見たことがある、解いたことがる

そういう問題を多く蓄積していくことで、

入試当日、焦らずに問題に取り組めることも事実です。

 


高校入試で上位校を目指す小学生には

小学校の簡単な問題で満足せずに、

難しい、頭をひねる問題にチャレンジして欲しいですね。

それが結局、算数、数学の貯金になります。