小学生のうちに身に付けたい能力

小学生のうちに身に付けたい能力

 

それは、難しい問題、すぐには答えが思いつかない問題に対して

 

あきらめない姿勢です。

 

中学、高校と学年が上がるにつれて、数学は難しくなっていきます。

 

小学校の時と違い、見た瞬間に解ける問題は少なくなっていきます。

 

見た瞬間に解法が思いつく問題にしか、取り組んでこなかった生徒は

 

解法が思いつかない問題に対して、あきらめが早いですね。

 

一方

 

試行錯誤する経験が豊富な生徒はあきらめずに粘ります。

 

この試行の粘り強さが数学の得点能力に直結します。

 

なぜなら、差が付く問題は、思考力、応用力を問う問題ですよね。

 

また、

 

小学校では計算が早いと、それだけで評価されます。

 

しかし、中学以降は、計算が早いからと言って評価されません。

 

なぜなら、中学、高校で評価されるのは、思考力、応用力を問う問題ですよね。

 

 

思考力、応用力を問う問題に対応するための必須の能力は

 

あきらめない、思考の粘り強さです。